Home お知らせ はちのへこどものまち 参加者ぼしゅう中!

はちのへこどものまち 参加者ぼしゅう中!

新年あけましておめでとうございます!

今年もこどもはっちを宜しくお願いします🎍

 

さて、本日は今年で3回目の開催となる

【はちのへこどものまち】のお知らせです🌠

 

日時:2月24日(土)・25日(日)

会場:八戸市公会堂・公民館

対象:小学1~6年生

定員:各日500名

 

「こどものまち」には、たくさんの仕事や遊び場があります。

子どもたちは自由に遊んだり、仕事をしたり、

働いたお給料で好きなものを買ったりします(^o^)

 

 

 

 

さらに、まちの中には、だれでも出演できるステージもあります。

ダンスや歌、お笑いなど、自分の得意なことを披露できるチャンスです!

去年は「カラオケ」や「恋ダンス」を披露してくれたお友だちがいました(*‘∀‘)

 

 

現在、こどものまち市長、企画チームメンバー、わたしの店出店者も募集中✨

 

🔴こどものまちの市長(5・6年生)

こどものまちの市長として、まちづくりを体験しませんか?

自分の夢やみんなのやりたいことを実現して、理想の”まち”を作ろう。

 

🔴企画チームメンバー(4~6年生)

企画や運営をやってみたい、お店の店長になりたい人を大募集。

みんなで力を合わせて「こどものまち」の準備をしよう!

 

🔴わたしの店 出店者(1~6年生)

おりがみ作品やアクセサリーなど、自分で手作りした商品を販売してみませんか?

 

初めて参加される方は、

下記の「こどものまちの成り立ち」や、過去のご報告記事も

是非ご覧になってみてください。

皆様のご参加をお待ちしております🌟

 

・・・こどものまちの成り立ち・・・

「こどものまち」は1974年ドイツ・ミュンヘンでスタートしました。

日本では、2001年に千葉県佐倉市で「こどものまちミニさくら」がスタート、

翌年には仙台でもスタートし、現在では国内で約60のこどものまちが繰り広げられています。

 

私たちは、こどもたちの「~したい」「~やってみたい」「~したら面白そう」という想いを最大限尊重し、

こどもたちが、ワクワクする物語の世界を作り出すために、さまざまな工夫をしています。

その1つに、大人の入国をご遠慮いただいております。

子どもたちは、物語の舞台であそびに夢中になっています。

親が我が子に声をかけた瞬間、その子は現実の世界に引き戻されてしまいます。

「こどものまち」では、一般の大人は「異質」の存在となってしまいますので、

私たち運営スタッフは先住民族(ものしりてんし)として存在しています。

 

きっと、子どもたちは、帰りの車の中や夕食の時、今日の出来事をたくさん話してくれると思います。

どうか、お子さんのファンタジーとエピソードたっぷりの1日を聞いてあげてください。

話からお子さんのたくましく・ほほえましい姿を想像し、楽しんでいただければ幸いです。

 

★1回目の様子★

第1回はちのへこどものまち ご報告

★2回目の様子★

はちのへこどものまちvol.2 ご報告!

 

こどものまちチラシ
Print Friendly

SIMILAR ARTICLES